Emichanの手作り部屋&つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 亀戸天神社の菊祭り

<<   作成日時 : 2012/11/14 22:28   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

先日、読売新聞に亀戸天神の菊祭りの記事が掲載されていた。
菊でできたスカイツリーの写真にちょっと興味を引かれて、息子夫婦と行ってみた。


最寄り駅は総武線亀戸駅だが、車で行ったため錦糸町のオリナス(ショッピングモール)に駐車して歩いていった。
 
ほんの10分ほどで亀戸天神に到着。


亀戸天神社・・・菅原道真を祀り学問の神様として親しまれている。 古くは総本社に当たる大宰府天満宮に対して、東の宰府として「東宰府天満宮」、あるいは「亀戸宰府天満宮」、「本所宰府天満宮」と称されていたが、1936年に現在の亀戸天神社となった。


という訳でこれからの受験シーズンは絵馬を奉納する学生たちで賑わうことでしょうが、今回はちょっと地味な菊祭りのせいか、平日ということもあってか人出も少なくて、かなりのんびりと散策することができた。



どんよりとした空の色のように何となく淋しげな雰囲気の太鼓橋。

画像




欄干よりスカイツリーを望む。

画像




太鼓橋全景。 昔は木で出来ていたので登るのが大変だったけれど、それが楽しかったのになー。
今はコンクリートの階段になってしまって、ちょっと悲しい

画像




池には見馴れない鳥が..... まさか鷽?  まさかー

画像




人影もまばらな本殿前。 

画像




鷽(うそ)替神事・・・1月24、25日に縁起物である木彫りの鷽を伝授される。 「去年の悪しきはうそとなり、まことの吉にとり(鳥)替えん」との言い伝えによる。

画像




読売新聞に載っていた菊のスカイツリー。

画像




本物のスカイツリーと一緒に仲良く。

画像




傘のように仕立てられた2種類の見事な菊。 

画像




懸崖仕立ての菊。 いかにも王道の貫禄。

画像




トピアリーに作られて可愛らしいピンクの菊。 手前の白い菊の大きさは2cmくらいの小さなもの。

画像



丸く仕立てられたものはバラなどでは良く見かけるけれど、菊のは初めて見ました。
細ーくて長ーい菊の芯(茎)にたくさんの花がついていてそれは見事でした。


子供が大好きアンパンマン。

画像




盆栽仕立てで愛らしい。

画像






帰りにはもちろん定番の船橋屋の葛餅を買って...............

画像






私にとって菊といえば、仏様の花というイメージが強くてあまり興味が持てませんでした、が、
今回、ひとつひとつ丹精こめて作られた菊を見て、日本人のすばらしい技を感じることができました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
亀戸天神は、”藤の花”で有名ですが菊の花祭りもしているんだ!!
秋は各地で菊祭りが行われていて、日頃の技術と丹精込めた、いろいろな模型に菊の花で栽培しているようですね!
残念ながら、私の趣味にはありませんが・・・
まっちゃん
2012/11/15 00:28
まっちゃんさん、
藤の花で有名ですが一度も見に行ったことがありません。人ごみの多さについ敬遠してしまいますが、来年は見に行ってみたいです。
私も菊は趣味ではありませんが、造形というところでは面白いと思いました。
Emichan
2012/11/16 22:03
いつの間にか、菊まつりが盛んな季節ですね。
亀戸天神には行ったことがありません。藤の花も有名ですか。
菊のスカイツリーが見事です。
鶯餅が食べたぁ〜い!
eiji
2012/11/19 17:20
eijiさん、
母のふるさとの福島二本松市の菊祭りが有名で、生前よく話していました。今回ふっと母のことを思い出して行ってみました。
亀戸天神からはスカイツリーも徒歩圏内。ぜひ来年の藤のときにでもいらしてみてください。そのときには船橋屋の葛餅お忘れなく
Emichan
2012/11/19 20:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
亀戸天神社の菊祭り Emichanの手作り部屋&つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる