Emichanの手作り部屋&つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS のんびり雪見風呂楽しんで・・・・・裏磐梯猫魔ホテル

<<   作成日時 : 2012/01/20 16:19   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

先日某旅行会社から送られてきたのパンフレット表紙の『裏磐梯猫魔ホテル 東京ーホテル間送迎バスがなんと無料!』 おまけに1月15〜20日まで2名1泊 ¥9800と言う安さ。
常々行ってみたいと思っていた場所で、しかも送迎付き。
電車で行くには不便な場所だし、交通費もかかる。
これは行くっきゃないでしょっと思い、早速友人に電話。
OKの返事をもらってすぐに旅行会社に申し込む。
出発の1週間前だからどうだろうかと不安だったけれど、これもすんなりOKとトントン拍子。

あー憧れの猫魔ホテル、何だかよく分からないけれど憧れていたホテル。
今年も春から幸先いい出だしだわー、と大喜びで17日を迎える。

当日東京駅鍛冶橋駐車場にて送迎バスに乗車。
平日にもかかわらず満員、周りを見渡せば私たち同じような暇なおじさん、おばさんばかし。
まるで老人会のよう
可哀そうなことに、ダブルブッキングだったのか3人ほど置いてきぼり。
こんなこと初めてだと運転手さん曰く..........こんなことしょっちゅうだったら許せないでしょ
すごすごと引き挙げて行く3人の後ろ姿を見ながら、バスは何事もなかったかのように猫魔ホテル目指して出発進行


定刻より少し遅れて9時10分出発。 東北道を順調に走り、羽生PAと那須高原SAにてトイレ休憩後、磐越自動車道から一路桧原湖へ。

一般道に出て、トンネルを抜けたら、そこは雪国だった
一面の雪景色に年甲斐もなく、わー雪だ!と大喜び
そうこうしているうちに憧れの猫魔ホテルに到着。

嬉しいことに到着した1時からチェックインOK、翌日は13時まで部屋が使えるという大盤振る舞いに、嬉しさ倍増。


ミラーに写った猫魔ホテル

画像



エントランスからの風景

画像



かまくらがお出迎え (こんな円柱のかまくら初めて見ました)

画像




部屋で一休みしてから桧原湖までお散歩
路面が凍っているので滑らないように注意しながら7、8分で湖畔に到着。
湖は全面凍結していて、わかさぎ釣りのための小さな小屋が点在していました。
土、日はカラフルなテントが一杯張られてきれいだそうです。

画像



ズームして見てみると..........いろいろな形の可愛らしい小屋

画像


画像




散策はここまで。 
さァーホテルに帰って、温泉、温泉
お風呂にカメラ持ち込めないので(あたりまえ?)、写真がなくて残念ですが、露天風呂からの眺めは最高でした。
このホテルは桧原湖畔に建っているうえ露天風呂には塀がないので、湖を木の間越しにずっと見渡すことができるのです。
雪の上に小動物の足跡がついていて、想像力を掻き立てられますね〜

あーその景色を見せてあげたい



ところでその夜のこと。
温泉にもゆっくり浸かったのになぜか寝付けない。
寝られないので起きて星でも見てみようと、窓から外を覗いたら満天の星空。
オリオン座がきれいに見えているまさにその下あたりの建物と木々の間が、異常に明るい。
時間は0時32分。
その方角は桧原湖のはずれで何もないところのはず。
慌ててカメラのシャッターを押しました。

画像



めいっぱいズームしたので手ぶれがひどいけれど、なんとか撮れました。
とても不思議な明るさで長い間光っていました。
何だったのでしょうか?


朝起きて撮った同じ場所の写真

画像





翌日は無料送迎バスに乗って、猫魔スキー場までお散歩。
きれいな雪景色を見ながら20分のドライブ。

スキー場は平日のせいもあるのでしょうが、とても空いていて皆ゆったりと滑っていました。
昔のリフト何分待ちなんて嘘のようにスイスイ。
スキー客の年代の高さにもびっくり、ほぼ私と同年代くらい。 若い人には人気ないのかしら?

画像



スノボー用のジャンプ台なのでしょうか? 一生懸命整地している人々。

}
画像



山の上の樹木には霧氷がついていてきれい。

画像




のんびりと雪景色を堪能し、レストハウスの喜多方ラーメンに舌鼓をうち、またバスに揺られてホテルへ。

最後にもう一度温泉に浸かり.........あー.極楽、極楽!の大満足の2日でした


来シーズンはぜひ孫を連れてまた訪れたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
真冬の裏磐梯、猫魔ホテルとな?しかも二人で9,800円だと!
桧原湖が全面凍結するとは知らなかった!あの広い湖が。
裏磐梯へは過去3回、春1回夏に2回。いつも「裏磐梯高原ホテル」泊まり。今もサービス案内が送られてきます。
実は、裏磐梯〜磐梯山のRAC宿泊登山企画を、密かに考えたことも。車で。でもちょっと遠すぎて断念したまま・・・。
eiji
2012/01/21 12:24
eijiさん、
あー書き方悪かった見たいです。2人1部屋で1名あたり¥9800ということです
もう何回もいらっしゃったことがあるんですね?
私は初めてでしたけれど、とてもいい所なのでまた行きたいなと思いました。
裏磐梯高原ホテルの少し上に猫魔ホテルはあります。
磐梯山登山行きたいですね。でも車ではやはり大変ですものね。こんな送迎バス付きなら大丈夫ではないかしら?
Emichan
2012/01/21 20:17
素晴らしい雪見と露天風呂を、最高のホテル泊で至福の時を堪能されましたね!
一昨年に紅葉の安達太良山から磐梯高原をドライブ旅行しましたとき、岳温泉と東山温泉に宿泊し、行程の関係で裏磐梯猫魔ホテルに宿泊しそこないました。
今年は青森から紅葉の南下を求めて旅行したいと思ってますが、冬季限定の特別企画でも宿泊してみたいです。旅行会社教えて下さい! 
まっちゃん
2012/01/21 21:24
追伸 ホテルから見えた明るい光は、スキーゲレンデ整備の照明と思われます。
まっちゃん
2012/01/21 21:31
まっちゃんさん、
温泉と雪を堪能してきました。
猫魔ホテルは部屋がとてもゆったりと広くてのんびりできました。ホテルのまわし者ではないですが、機会があったらぜひ泊まってみてください。
私が今回利用した旅行会社はJTBです。
真夜中の明りはスキー場の照明だったんですか? 自然現象のはずはないと思っていましたが、たまたま明りの上に雲が被ったような状態だったので、とても神秘的に見えました。 
Emichan
2012/01/22 21:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
のんびり雪見風呂楽しんで・・・・・裏磐梯猫魔ホテル Emichanの手作り部屋&つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる