Emichanの手作り部屋&つれづれなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 籐工芸・・・・花かご

<<   作成日時 : 2011/10/10 23:33   >>

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 8

玄関を少し模様替えした。
空いたスペースに籐の花かごに造花を入れて飾っていたが、そのかごはだいぶ前に作ったものなので少し古びていて、新しく買った造花とどうもしっくりこない。
そう思い始めると気になって仕方がない。

ちょっと大変だけれど作り直すしかないか―、と思い定めて浅草橋に材料の調達に
大きいかごなので、直径2.75mm、300gを2束購入。
久々の大物作品、うまくできるかちょっと不安。


サー開始!  水を使うのでいつもキッチンで製作。
まずは籐を水に濡らす。(籐は乾いていると硬いし折れやすいので、必ずよーく水に浸けてから使用する。)
画像




同じように見える籐芯でも指で触ってみると、硬い芯、柔らかい芯がわかる。
骨格を作るたて芯は硬い籐で、編みこんでいく芯は柔らかい籐で、これが最大ポイント。
まずはたて芯を基本の十字組に。(その他米字組、井桁組などいろいろある)
柔らかい籐で底の部分を編む。

画像



胴の丸みが出来たら足(台)を付けるため、新たなたて芯を底の部分にたす。
画像



編み進めて足の出来上がり。
画像



胴はふんわりと丸く。 
手加減ひとつなのでとても難しい。 
次は開いた胴体をぐっとつぼめる。 これはもっと難しい
画像




ここまでの作業で指が悲鳴をあげた。 もう6時間くらい作業していた。
久しぶりの太い籐の扱いで爪の両脇が擦れて、皮がむけて真っ赤に腫れあがってしまった。
ひりひり痛い。 これ以上今日は作業出来そうもない。
だいぶ日も暮れたし、夕食の準備もしなくっちゃ、という訳でとりあえず中止。


それから10日以上指の痛みが治まらず、なかなか再開できなかった


さて気を取り直して始めるとするか

ギュッと細くした胴体からまっすぐな首を編んでいく。
ぐるぐるとらせん状の模様をつけながら.........気を抜くと模様がずれておー大変!

画像



口の始末をして.........
画像



胴体の完成。
画像



最後に持ち手を編んで........
画像



胴に付ければハイ出来上がり。
高さ 45cm、直径 30cmの堂々とした体格。
画像



花を生けるとかごも生き生きして見える。
これで玄関も明るくなった。
画像





今回の花かごは思うような形にならず、何回となくやり直し、指も痛め、珍しくちょっとへこたれてしまった。
再開までに20日もかかったが、何とか仕上げられてほっとしている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
これはすごい!プロの職人技だ!!
籐工芸の花籠も作れるとは・・・ふんわりとした胴やらせん状の首・・・さらに持ち手までつけて。
折角の特技。どんどん作って高く売りましょう!
eiji
2011/10/11 11:07
eijiさん、
プロだなんてとんでもないです。
しばらく作らないでいるとない腕がますます落ちて、気に入ったようには出来上がりませんでした。
写真で見るとボロが隠れるから嬉しい。
高く売れるんだったらジャンジャン作っちゃうんだけど・・・・。
Emichan
2011/10/11 21:00
大作ですねーーー!!!素晴らしいよ!
毎日作らなくても、手先が覚えてるっていうのかな?なんでも、作れちゃうんだね。なんのガイドものなしで、歪みなく作れるって本当、すごい、とくに、高さのある物は、大変でしょう?
kinako
2011/10/14 08:52
kinakoちゃん、
久々の大物です。長年やってたことは身体が覚えているみたい。
まっすぐ編むことよりも、胴体の丸みをきれいに作ることの方が難しいかな。
指が赤むくれになってしまったのには閉口したけれど、何とか形になってよかった。
Emichan
2011/10/15 12:42
またまた、すばらしい技量を拝見しました!!!
カルチャーの講師が出来ますね、最近は若い人達が装飾品作りに意識が高まっているようです。
装飾作品の展示会なども盛んのようですので、技術を世に知らしめては如何ですか?
まっちゃん
2011/10/16 00:40
まっちゃんさん、
籐工芸に関しては今は月1回だけですが、教えているんですよ。もう10年以上も前から視覚障害者のかたの講座を持っています。ほかの手工芸と違って籐は太いので手探りでも作りやすいんです。昔はもっとお教室も開いていましたが、今は一か所だけ。のんびりやっています。
Emichan
2011/10/16 16:54
すごい〜☆彡

等の花瓶なんて初めて見ました〜。
しかもイメージで作ってしまうなんて。芸術肌ですね☆
実物を今度じっくり見させて下さい。
トマト
2011/10/30 07:40
トマトさん、
籐でなんでも作れるんですよ。でも水に濡れるとカビが生えるので造花用ですけれど・・・
オリジナルの作品ではないけれど、大きいので結構作りがいがありました。今度来た時ゆっくり見てね。
Emichan
2011/10/30 19:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
籐工芸・・・・花かご Emichanの手作り部屋&つれづれなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる